資本政策smartround

上場までの計画を
簡単作成!

資本政策の失敗は取り返しがつきません

創業者持分が低くなりすぎて、その後の資金調達に支障がでそう。

J-KISSで資金調達した場合、持分が将来どれくらい減るのかわからない。

プレマネーの計算式にSO分を入れるのを忘れ、VCに虚偽の申告をしてしまった。

3ステップで簡単に資本政策を運営できます

01 資金調達マニュアルや他社の資本政策例を閲覧しながら作成できる

資金調達手段や投資契約の基本、資金調達の準備から実行までのプロセスを丁寧に解説した資金調達マニュアルを公開中。初心者でもスタートアップの実務を体系的に学べます。
また、ビザスクやマネーフォワードなど最近IPOしたスタートアップのリアルな資本政策が掲載されているので、それらを参考にすることもできます。
資金調達マニュアル画面

02 資本政策の複雑な計算もお任せ!数式入力する必要なし!

時価総額や株価はもちろんのこと、J-KISSの転換も自動計算。数式を自分で組む必要はありません。例えば資本政策表の途中にSO発行を追加したら、その後のイベントは自動で再計算されます。スプレッドシートのように計算式が壊れてしまう心配もありません。
資本政策入力画面

03 クラウド上で資本政策を一元管理、権限があれば自由自在に操作可能

一度作った資本政策表を複製したり、編集したり、共有したりも思いのまま。自社メンバーやアドバイザーに閲覧や編集権限を付与して、チャットで相談しながら、一緒に最適な資本政策を検討することもできます。
  • 編集
  • 再計算
  • 保存数無制限
  • 自動補完
資本政策表画面

一度登録すれば、smartroundの

全てのサービスが同じアカウントでご利用できます。

無料新規登録
複数サービス利用のイメージイラスト

プランと料金

  • 優待プログラム
  • 利用可能なサービス
  • 株主総会smartround
  • 資本政策smartround
  • 経営管理smartround
  • 会社紹介smartround
  • ライブラリsmartround
  • 設定・管理機能
  • 操作できる方の上限
  • 権限の詳細設定機能
  • IP制限
  • 投資家及び
    アドバイザーの数(※1)
  • 登録できる数
  • つながれる数
  • 通知できる数
  • データ共有
    できる数(※2)

※1 投資家及びアドバイザーの数は、個人アカウントの方でも1社と数えます。

※2 グループと権限画面で、各種データへの閲覧・編集権限を付与できる投資家・アドバイザーの数です。なお、この上限には当社パートナーは含まれません。例えば、スタンダードプラン適用時、12社の投資家にデータ共有していて、そのうち5社がパートナーである場合、あと3社まで非パートナーの投資家にデータ共有できます。